水の音について

2017年春、

金華山の麓に昔ながらの建物が残っている「岐阜町」と呼ばれる地域に水路を挟んでカフェ&ギャラリーとして誕生。築100年の趣のある町屋。

水の音カフェの玄関の暖簾をくぐると、町屋らしい奥に長い空間が広がる。

水路を挟んでギャラリー。町屋の趣のある中に現代風にリノベーションされたすっきりとした空間。

 

14年間、複合施設で作家ものを中心としたセレクトショップを営み、「作家ものを使った食卓を提案したい。」との想いからのカフェギャラリー。数店舗の経営の中、「町屋 水の音」にしかできないことへの楽しみ、集中したい思いが強くなる。

 

そして、2018年6月、複合施設でのセレクトショップに区切りをつける。この場所で思いっきり「水の音」で、できること、発信していきたい。

 

2018年、9月 迷いなくリスタート・・・

 

大好きな器、アート作品。「この作家さんの作品を伝えたい。」

 

はじまりました・・・ 水の音

 

2018年9月

 

N E W S

高久敏士さん企画展 2019.6.8〜6.23

陶芸家の高久敏士さんは黒田泰蔵さんに師事された後、2010年の独立。現在は千葉上総のアトリエを拠点に活躍されています。

高久さんの作品はシャープでモダン。それでいて温かみのある柔らかな印象。

また料理研究家の有元葉子さんの壺や器を手がけていらっしゃいます。お料理に映える器です。

EVENT  EXHIBITION

声と呼吸のワークショップ 5.22

河口瑛泉先生の美文字レッスン 5.28

春の音 女性4人展    4.6〜5.6

あの音 with 木歌 ライブ 5.25

more>>


C A F E

ランチメニュー

おもてなしメニュー

中国茶

more>>

 

ドリンクとスィーツ


POJAGI

各ポジャギ教室 日程

板倉倫子ポジャギ教室詳細

ポジャギのある暮らし